集客より先に改善すべきこと

もっと「人」を集めたいんです。

ネットショップやブログであれば、
訪問者数やアクセス数。

セミナーであれば、
セミナー参加者数。

どうやって人を集めれば良いか。

こういったことで悩んでいる人って
多いのかな、と思っています。

大上さん達ってどうやって、
継続的に人を集めているんですか?
とたまに聞かれることもあります。

「この前、セミナーやったら、
集客が1名だけで・・・
これでは収益が上がりません。
どうすればいいでしょうか?」

みたいな。

そう言ったお話を聞くと、
これはあくまで私の見解ですが、
「人」を集めることを考える前に、
改善した方がいいな、
と考える点が2点あります。

それは

1点目が、
バックエンド商品自体の見直し

2点目が、
成約率の改善 

です。

例えば、
今でこそインポートエース塾の
欧米輸入講座のセミナーって、

今では、ほとんど何もしなくても、
参加者の方が集まるように
なってくれたのですが、

やり始めた3年前は、
参加者1名、みたいな状況って
ザラにありました。

でも実は参加者1名、
というときって、
ほぼ欧米輸入講座への申込があり、
成約率は非常に高かったのです。

これっていくつか理由が
考えられる、と思うのですが、
1名だけだと、

参加者の人が、自分の話をしやすい、
こちらも参加者の人の話を
良く聴ける、

と言ったような理由が
あると思います。

セミナーに5名参加したけど、
バックエンド商品への申し込みがゼロ。

セミナーへの参加は1名だけど、
バックエンド商品への申込あり。

事業として考えれば、
後者の方がいいですよね。

よく、やみくもに
Facebookとかで
このセミナー来ませんか、みたいな
メッセージを
送っている人がいますが、

ネットショップにせよ、
ブログにせよ、
セミナーにせよ、

ただ「人」を集めよう、呼ぼう、
としてもあんまり意味がないです。

呼ばれた方は単に迷惑であることも
多いですし。

集「客」の文字通り、
ちゃんと「お客」さんを集めて、
お客さんに向き合わないと
意味がありません。

成約がなかったとしたら、
見込みのお客さんの人数が少なかった、
と考えるのではなく、

なぜ成約しなかったのか、
と考えるべきです。

ネットショップやブログであれば、
訪問者数やアクセス数ではなく、
メルマガ登録率に着目する。

セミナーであれば、
クロージング率に着目する。

ではどうやって
バックエンドを見直したり、
成約率を改善していくのか。

それは次回の記事で書いていこうと
思います。

いつもありがとうです&感謝です。

あなたも引き続き、素敵な1日を♪♪

達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

著者について

関連記事

コメントを残す