数字化することで成果があがる3つの理由

できるだけ稼ぎたい!
月収100万円でも
月収200万円でも
稼げれば稼げるだけ
嬉しい。
今日も輸入ビジネスやるぞ!

という人と。

今年中に
月収100万円稼ぐ!
そのためには
今月は
月収50万円を稼ぐ。
そのために必要な作業は
これだけ。
今日も輸入ビジネスやるぞ!

という人。

どちらが稼げる人に
なりやすいか、
というと
圧倒的に後者の人
です。

漠然と取り組んで
いても
漠然とした結果しかでません。

成果を上げたいので
あれば、
成果が出ることを
必然にする必要があります。

そのためには
日々の作業内容と作業量を
数字で計測できるところまで
落とし込んでいくことが
有効です。

その理由は
主に3つあります。

1 作業量が具体化する

2 進捗が図りやすい

3 達成感がある

まず、1の作業量の具体化
ですが、具体化することで

「~したい」と思っていた
ような意識が

「~する」という意識
に変わります。

~したいと言っている内は
物事は達成できません。

達成するなら、
~する、と決めなくては
いけません。

意識が変わることで
取り組みの姿勢も変わります。

2の進捗が図りやすい、
ですが、

作業量を具体的な
数字にすることで、
現在の進捗が図れます。

例えば月にブログを
30記事書く、と決めて
月の半分を過ぎて
10記事なら
状況が一目瞭然で、
分かるので、

おいつかなきゃ!
とアクションを起こせます。

3の達成感がある、
は成果はコントロール
できませんが、
作業量は自分で
コントロールできます。

成果が出ようが出まいが、
自分は作業をやりきった、
という達成感が得られます。

結果よりプロセスに
集中できる、
という良い効果もあります。

良いプロセスをふんでいけば
成果は自ずと上がっていくので
良いサイクルに入ります。

実際成果の出ない人は
成果を気にしすぎて
プロセスに集中できない
人が多いです。

以上3つの理由から、
作業量を具体的に
数字化した方が
成果が上がりやすい
ことをお伝えさせて
頂きました。

もしあなたが成果を
あげたいなら。

目標や作業量を数値化する。

是非意識してみてくださいね。

それでは
いつもありがとうございます
&感謝です。

あなたも引き続き、
素敵な1日を♪♪

達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/


著者について

関連記事

コメントを残す