ランチェスター戦略に学ぶ真のプロとは

勝てるところで確実に勝つ。

小が大に勝つための
ランチェスター戦略では
足元の敵を叩く重要性を
説いている。

要は勝てるところで、
しっかり勝て、ということだ。

プロ野球のペナントレース。

優勝チームはほとんどの場合
下位チームへの取りこぼしが
少ないチームだ。

長丁場になればなるほど、
やれることを、
しっかりやれる者、

実力で劣る相手に
油断せずに勝ちきれる者、

そういった人が
トップに進んでいくのだ。

勝てるところで
しっかり勝っていこう。

安定的に
むらなく力を発揮できる
人間こそ真のプロである。

それでは
今日もありがとうございます
&感謝です。

あなたも引き続き、
素敵な1日を♪♪

達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

著者について

関連記事

コメントを残す