1本1188円の牛乳が売れる理由

売れないモノは
安くても売れないし、

売れるモノは
値段を選ばない。

1本1188円で販売されている
「牛乳」があります。

岩手県の山中で
自然放牧を営む
「なかほら牧場」さんの
牛乳です。

☆なかほら牧場さんのHP☆
https://nakahora-bokujou.jp/

1本720mlの量になりますが、
特徴としては飲んでみると
思ったほど濃くない。

飲んだ瞬間はさらりと
していますが、
あとで甘みが広がる、
こだわりの
とても美味しい牛乳です。

売上なんと2億円オーバー。

普通の牛乳の値段が
1リットルで200円ほどな
ことを考えると、
「高級品」
と言えるでしょう。

なぜこの値段でも
なかほら牧場さんの
牛乳は売れるのでしょうか。

世の中には
本物でクオリティーも
高いけど、
なかほら牛乳さんの
牛乳と違って
売れない商品があります。

両者の
どこが違うのでしょうか。

商品が
「本物である」
「クオリティーが違う」

ことが前提で、

今回の記事では
なぜこの牛乳が
支持されるのか、
を通して、

売れる商品、売れない商品
について考察してみます。

この商品が売れている理由。

主に次の3つの点が
あげられます。 

1 ストーリーを伝えている(幸せな牛の牛乳である➡応援しようと気持ちになる)
2 ブランド化している(ライフスタイルの提案、信頼感と高級感➡満足感)
3 ファン定着化の仕組み(直売と定期購入➡売上の安定に繋がる)

まず1番目のポイントは
ストーリーを伝えている、
ということです。

ストーリーは
消費者に「共感」を
生みます。

牧場長である中洞正さんが

同業者さんからは
「遅れている」
「非効率だ」
と批判されながらも、
試行錯誤された結果、

牛乳を「工業製品」と
捉えなかった。

自然放牧から
農薬や科学肥料の
入らない
山に自生する草木
を食べている

生き物である
幸せな牛から
とれた牛乳を
つくっているのだ。

なかほら牧場さんの
牛乳のなりたちには
こういった
「物語」
があります。

このストーリーを
消費者にしっかり
伝えることで、

消費者に共感と
応援しよう、
という気持ちを
喚起しています。

2番目のポイントは
ブランド化している、
という点です。

なかほら牧場の牛乳は
「牛乳は毎日飲むもの
ではない」
という

「ライフスタイル」
を提案しています。

ブランドの基礎にある
ビジョン、がしっかりと
あるのです。

そして目先の売上に
こだわらない、
売り先にもこだわる姿勢が
信頼と高級感を
生んでいます。

お客さんは商品を通して
なかほら牧場の牛乳の
提案する
世界観やライフスタイルを
購入しているのです。

3番目のポイントは
ファンが継続して
支持してくれるような
仕組みをしっかり
作っている、
という点です。

物販で重要な点は
「リピートで購入」
してもらうことに
なります。

なかほら牧場さんでは
定期購入のみならず、

「ファンクラブ」

だったり、

「見学」

「研修」

といった
色々な仕組みを
導入しています。

それによって
ファンがつく、

ついたファンが定着する

という流れが
しっかりと出来ています。

また直売をされている、
というのも
ファン化のための
大きなポイントの
1つになります。

直売により
販売時のクオリティーを
高いもので維持
することで、
顧客満足度も
高いものと出来ています。

ファンの方が定期的に
購入してくれることで、
売上も収益も安定し、

更によいサービスが
提供できる、
という好循環が
あります。

今回はなかほら牧場さんを
通して「売れる商品」に
ついて考えてきましたが、

売れる商品にせよ、
サービスにせよ、
売れているものには
上にも挙げた、
次の要素が含まれています。

1 ストーリーを伝えている
2 ブランド化している
3 ファン定着化の仕組み

売れない商品にせよ、
サービスにせよ、
売れないものには
上記の要素が
足りません。

あなたの商品やサービスを
売りたい、
または更に売りたいのであれば
一度チェックしてみて
くださいね。

それでは、
いつもありがとうございます
&感謝です!

あなたも引き続き、
素敵な1日を♪♪

達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

著者について

関連記事

4 Comments

  1. ラッタ 2017年6月19日 返信
    • 大上 達生 2017年6月20日 返信
  2. かよ 2017年6月19日 返信
    • 大上 達生 2017年6月20日 返信

コメントを残す