不安なとき踏み出してみることで実は変わる1つのこと

やる「前」の質問が多い。

「これやろうと思うんです
けど、不安で・・・」

「○○するにはどうすれば
いいですか?」

「▲▲ですけど、
大丈夫ですか?」

私が色んな講座やスクール、
コンサルティングを
受けてきたり、

自身が講座を開催して、
200人以上の塾生さん達と
接してきて、

推測から確信に変わった
ことの1つが、

こういう
「抽象的」
「行動する前」
の質問ばかりする人は、
成果が出ない。

ということだ。

出来る人はほとんどの場合、
「具体的」な質問
「行動した後」の質問
の質問が多い。

これは長年で培われた
「行動パターン」
からくることなので、
中々根深い。

医療や金融、食品など、
ミスできない職種、
は確かにあるが、

ほぼ普通のビジネスを
やっていて、
慎重になりすぎて
いいことはない。

なぜなら事業とは大小の
トライアンドエラーの
繰り返しと積み重ね
だからだ。

行動する前の質問を
する人たちの大半は
単に「不安」なだけ、
ということが多い。

そして、
質問ばかりして、
中々やらない人は、

大体やったとしても、
ほとんどの場合、
1度や2度ぐらいの失敗で
めげて凹んで行動が止まる。

泳ぎ方、の教本を
読んだだけでは
泳げるようにならない。

泳ぎの上手な人に
泳ぎのコツを聞いたと
しても
泳げるようにはならない。

自分で泳いでみるしか
ない。

実際に実践してみて、
上手くいくところと、
上手くいかないところ
が両方あって、

継続して練習するから
泳げるようになる。

ここで、やる前に
不安にばかりなる人が
ああそうか、と

失敗はあたりまえで、
失敗してから
上手くいくように
考えて行動しよう、

と思えれば話は早い
のだが、中々そうはいかない。

それは長年で染みついた
思考からくる行動パターン
だからだ。

「具体的」「行動後」
の質問が多い人はOK。

しかし、万が一あなたが
やる前の質問が
多かったとしても
自分を責める必要はない。

それは今まであなたが
「失敗」
が許されない環境にいた、
もしくは
そういう環境にいる
と思いこまされる環境にいた

という可能性が高いからだ。

今までの人生で
「必要な行動パターン」
だったのだ。

なのでそうだったとしても
自分を責める必要はない。

事業をやる、ということは
世界という
大きなキャンパスに
あなた自身の絵を
自由に描いていくことだ。

失敗も含めて全てあなたの
ストーリー。

失敗しても良いのだ。

自分を責める変わりに
少しづつ、
自分を変えることに
チャレンジしてみよう。

不安なまま
少し踏み出してみるのだ。

いきなり大きな
チャレンジをする
必要はない。

仮に失敗しても
これぐらいだったら
大丈夫、
という範囲で
まずはやってみることだ。

不安な自分もまるごと
認めて、
まずは踏み出すこと。

踏み出して
行動してみると
実は見える世界が変わる。

踏み出してみる前と
踏み出してみた後だと、

大仰な言い方をすると

「世界観」

が変わるのだ。

怖いと思っていたことに
チャレンジできなかった自分が

怖いと思っていたことに
チャレンジできる自分になる。

だから成果に関係なく、
まずは踏み出せたら
自分を褒めてみよう。

自分が変わることで
行動が変わり、
これまでの成果が
違う質の物に変わっていくのだ。

それではいつもありがとうございます
&感謝です!

あなたも引き続き、
素敵な1日を♪♪

Best Regards,

達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

著者について

関連記事

コメントを残す