転売が商売の入り口として良い、ある理由

廃業。

良く起業して上手くいかない、
みたいな話をきいたりします。

実際起業すると
上手く行く人より、
上手く行かない人が
多いのが現実。

この一つの理由として
私は自分の商品なり
サービスから商売を
始めてしまうから

という点があるのではないかと
考えています。

ビジネスを始めると

セールス
マーケティング

そして自分たちの
商品やサービスを
扱う場合は、

商品/サービス作り

というフェーズが
あります。

これまで自分自身で
事業を回して来た人なら
ともかく

これから起業しよう、
という人にとって
全部やりきることは
中々難しいことが
多いです。

一方で、
転売から始める人は
上手く行く人が多い。

転売やせどりというと
チケットの転売、
などの印象が強くて
良くないイメージも
ありますが、

本質は物を仕入れて
物を売ることです。

だから私は普段転売と言わず、
「物販」と言っています。

転売から入ると
どうして良いか、
というと、

先ほどの

セールス
マーケティング
商品/サービスづくり

のフェーズの内、

マーケティングの一部
=商品リサーチ

だけやっていれば
良いからです。

商品は元々
「売れている商品」
を扱いますし

セールスは
アマゾンなり
ヤフオクなり、
メルカリなり、

プラットフォームさんが
集客含めてやってくれます。

加えてサービスに加えて
物品は
「目に見える形ある物」

分かりやすいのです。

物販をやっていると、
いきなり自分自身で
商品を作って販売する

という人よりは

まずは他の人なり企業なり
の商品を販売してみてから
自分たちの商品を製作する

という人が多いですが、

ことサービスになると

他の人や企業のサービスの
販売から始めるより

自分自身のサービスから
売る人が多い気がします。

ここに私は廃業率を下げる
ポイントがあると考えます。

まず自分自身のサービスを
売ろうとするより、
既に売れているサービスなり
物品の販売から始めた方が
手堅いと感じるのです。

実際、当時自分で意識して
いたわけではなかったのですが、
私たちの
商品もサービスも
独自の物を扱っていますが、
始めからそうだったわけでは
ありません。

私の場合ははじめ

輸入転売
(⇨他の人の商品販売)

アフィリエイト
(⇨他の人のサービス販売)

それを経てから
自分たちの商品やサービスの
販売を始めたのです。

別の言い方でいうと、

まず
マーケティング力
とセールス力を磨き、
しっかりそれらの力をつける。

それから自分たちの
商品やサービス創りに
着手したのです。

廃業してしまう人の理由の一つに
マーケティング力と
セールス力が足りない、
という点が多く挙げられます。

もしあなたがこれから
起業しようと思うなら・・・

まずは転売や
他の人のサービス販売から
始めてみる方が
スムーズに行きますよ。

それではいつもありがとうございます
&感謝です!

あなたも引き続き、
素敵な1日を♪♪

Best Regards,

達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

著者について

関連記事

2 Comments

  1. ラッタ 2017年10月4日 返信
    • 大上 達生 2017年10月12日 返信

コメントを残す