セールスで最も大事なこの1点

こんにちは!たっちゃんこと、大上達生です。

さて、世の中にはセミナー含めて、セールスには、多くの「ノウハウ」があります。

良質なものもあれば、あれ?みたいなものも多くありますが、意外とこの大事な1点を伝えていないような気がするので、今日はそのことについて書きます。

セールスでも恋愛でも、もちろんテクニックなりノウハウ、そして行動って大切なのですが、その前にそもそもセールスだったら自分の扱っている「商品」をお客さんにとって必要な商品かどうか信じていますか、という点があります。

「セルフクロージング」(→自分で自分が扱っている商品のことが良いと信じている状態)しているのかどうか、ということです。

ここがキチンとできていないと、表面的なテクニックを使って行動すればするほど、成果が出ないことになり、結果的により自信を失い、悪循環に陥りがちです。

自分の扱っている商品に自信がないと、商品を売ることはできません。というより、自信をもって勧められないものを、人に勧めても大体の場合見抜かれます。結果売れません。

たとえば各業界でトップセールスマン、と言われている人たちは、結構自分の扱っている商品を購入していたりします。(たとえば不動産投資のトップセールスマンの人であれば投資用不動産を何軒、何棟も持っていたり)

これも自分の扱っているものを信じている証拠の一つです。

営業と恋愛のアプローチはよく似ている、と言われますが、恋愛でもこの点は一緒です。大昔、私がいいなあ、と思っているすごい可愛い子がいたのですが、その子も言っていました。「そもそも自分に自信がないなら、私を口説きに来るな。失礼だ。」と・・・(笑)恋愛では扱う商品は「自分」。「自分」のことを、自信を持って良いと信じられていますか、ということです。恋愛もセールスも一緒です。

あなたは自分の扱っている商品やサービスに確信がありますか?

自信があれば、それでOK。自信がなければ、自信がもてるように商品やサービスを磨く必要があります。その話をすると長くなるので、また別の機会に。

それでは、いつもありがとうございます&感謝です。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

■大上達生によるセミナー営業代行サービス「ストレングス」
↓↓詳細はこちらから↓↓
セミナー営業代行サービス ストレングス

■情熱起業家対談「たっちゃんねる」
↓↓視聴はこちらから↓↓
たっちゃんねる

著者について

関連記事

2 Comments

  1. ラッタ 2018年9月2日 返信
    • 大上 達生 2018年9月3日 返信

コメントを残す