売れるセミナーの8つのポイント

こんにちは!たっちゃんこと、大上達生です。

え!?なんでこんなしゃべりが下手なのにセミナーは興味を引くの?セミナーに参加して、そんなことを思ったことはありませんか?

セミナー講師の人のトークが上手でも、まったく参加者の方の心に響かないセミナーがあります。一方で、講師の人が上手とはいえないのだけど、参加者の人の心に響き、バックエンドの商品やサービスが飛ぶように売れるセミナーもあります。

この違いはどこから生まれるのでしょうか?私の見解では「売れるセミナー」には次の8つの売るための重要なポイントが過不足なく含まれています。

ポイント1 集客力のあるセミナータイトル/キャッチコピー

ポイント2 信頼感を生むブランディング

ポイント3 共感を呼ぶ講師ストーリー

ポイント4 参加者の方が得られるベネフィット/利益

ポイント5 そのベネフィット/利益を得られる裏付け

ポイント6 独自の強み

ポイント7 安心感を与える顧客の実績や声

ポイント8 行動を助けるコミットメント

バックエンドの売れるセミナーには、上記の8つのポイントが原則、過不足なく配置されています。参加者の方の購買行動を促すためには、上記のポイントで参加者の方に納得してもらう必要があるからです。

私や当社がお手伝いさせて頂いている販売型のセミナーでは、上記の8つのポイントをセミナーの中で適切に配置させて頂いています。世の中に「絶対」はありませんが、そのため、2018年9月現時点で今まで、私がセミナーの販売をお手伝いさせて頂いた方で売上が伸びなかった方は「ゼロ」です。それはセミナーのジャンルを問わず、私が8つの重要ポイントをしっかりとセミナーの中で適切な順番で構成、配置し、販売を行っているからなのです。

それぞれについてはまた改めて記事にさせていただきたいと思います。

それでは、いつもありがとうございます&感謝です。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

■大上達生によるセミナー営業代行サービス「ストレングス」
↓↓詳細はこちらから↓↓
セミナー営業代行サービス ストレングス

■情熱起業家対談「たっちゃんねる」
↓↓視聴はこちらから↓↓
たっちゃんねる

著者について

関連記事

2 Comments

  1. ラッタ 2018年9月2日 返信
    • 大上 達生 2018年9月3日 返信

コメントを残す