セミナー集客はこう考えると気が楽になる

こんにちは!たっちゃんこと、大上達生です。

今日は集客についての考え方の1つをお伝えします。集客とセールスは別物・・・と考えられている方は少なくありませんが、実はセールスは集客の段階から始まっています。

これはどういうことか、というと、セールスは大きく「信頼関係づくり」と「相手に次の行動をしてもらう」という2つのステップの繰り返しになります。ひとまずの最終的な相手のの次の行動が、購買行動、になります。

セミナー時は、セミナーの時間を使って、このステップを繰り返し、参加者の方々に行っていくわけです。

それをセミナーの前にもできるとしたらどうでしょうか。集客の段階で「信頼関係づくり」「次の行動をしてもらう」ということをしっかりやっていると、セールスの成約率はあがります。

例をあげると、セミナー前に定期的に連絡を入れる、とか、セミナーに関連する動画などを事前に見てもらう、とかですね。

集客について、人を集めなきゃ、集めなきゃ・・・としゃかりきになるより、セールスの一部の作業を行っているのだ、と考えると仮にダメだったとしても徒労に感じることもありません。なによりその人と信頼関係を作りにいっているのだ、と考えると、集客も楽しくなります。断られたら信頼関係がアップした状態でまた別の機会に誘うだけ、と考えればよいのです。

集客からセールスプロセスを計算して構築すると、とてもきれいですっきりした形になりますよ。

それでは、いつもありがとうございます&感謝です。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

■大上達生によるセミナー営業代行サービス「ストレングス」
↓↓詳細はこちらから↓↓
セミナー営業代行サービス ストレングス

■情熱起業家対談「たっちゃんねる」
↓↓視聴はこちらから↓↓
たっちゃんねる

著者について

関連記事

2 Comments

  1. ラッタ 2018年9月4日 返信
    • 大上 達生 2018年9月11日 返信

コメントを残す