小利口とバカはどっちが成果を出すか

こんにちは!たっちゃんこと、大上達生です。

さて「小利口とバカはどちらが成果を出すか」というショッキングなタイトル(笑)これは堀江貴文さんの「多動力」に出てくるトピックですが、結論から言うと圧倒的に「バカ」の方が成果を出します。

ちょっとこれを私なりに整理してみます。小利口の人とバカな人の特徴は次のようなものがあると思います。(以下「小利口」「バカ」と表記します。)

小利口 頭がいい
    要領がいい
    考えてから動く
    自分のメリットデメリットに敏感
人から何か言われることが気になる

バカ  頭がわるい
    要領がわるい
    動いてから考える
    自分のメリットデメリットは後から考える
人から何か言われてもあまり気にならない

パッと見ると、バカにはバカで問題ありそうですが(苦笑)どうしてバカの方が成果を出すのでしょうか。

・まず頭のよしあし、要領のよしあし、の点について。
一見、頭がよくて要領がよい方がよさそうに見えますが、えてしてそういう人は「一人で抱え込みがち」です。バカは頭が悪く、要領が悪いからこそ、人を巻き込んでいきます。結果、仕事が「チームの仕事」になりやすく、成果も出やすいのです。

・考えることと動くことについて。
これはわかりやすいですよね。医師や金融機関の仕事など、「ミスしてはいけない」職業を除き、ミスしてもリカバリーのきく仕事は、どんどんチャレンジして修正を加えていく方が圧倒的に成果が出るのが早いです。考えるより動け。行動力がある人の方が断然成果が出しやすいです。そして動く人は人から何か言われてもそれほど気にしない人が多いです。人から言われて気になる人はそれが切っ掛けで行動が止まることも多いです。

・自分のメリットデメリットについて。
これはまったく考えないのはNGです。事業ですから自分のメリットデメリットも全体の中でしっかり考える必要があります。ただ、小利口のように自分のメリットデメリットしか考えないと周囲に嫌われます。結果、人からの助けが得られにくくなります。いいように使われてはダメですが、目先の利益より先をみて動いた方が良いのは言うまでもありません。いいように人を使おう、なんて人からは、人は離れますから。根本的に長い目でみたら、自分のことはおいておいて他者のために動く人間に報酬がこないわけはないです。

独断と偏見(笑)で私なりに整理してみました。あなたはどう思われますか。

それでは、いつもありがとうございます&感謝です。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

■大上達生によるセミナー営業代行サービス「ストレングス」
↓↓詳細はこちらから↓↓
セミナー営業代行サービス ストレングス

■情熱起業家対談「たっちゃんねる」
↓↓視聴はこちらから↓↓
たっちゃんねる

著者について

関連記事

2 Comments

  1. ラッタ 2018年9月16日 返信
    • 大上 達生 2018年9月17日 返信

コメントを残す