大内優さん1億総キャラクター時代を生きぬくための書

こんにちは!たっちゃんこと、大上達生です。

先日は凄腕の「TVに出演させる専門家」である大内優さんの新著の出版記念講演会に参加してきました。大内さんのほか、各界で活躍されている専門家の方々がたくさん集まっており、大内さんのお人柄が垣間見える素敵な講演会でした。

その大内さんの気になる新著の内容は「キャラクター作り」。

「キャラがすべて!」大内優(きずな出版)


40,000通以上のプレスリリースをチェックしてきた元敏腕テレビマンによるメディアを使いこなして自分自身を売り続ける方法が語られています。

最近、よく駅中のキオスクで買い物するたびに思うのですが、ここのところ、東京都内の駅中のキオスクには、大概、自分でSuicaなどで、お会計のできるバーコードリーダーがあります。店員の人の役割が、減ってきている、そして必要なくなる方向に向かっているのですね。

地元のキオスクの店員さんはとてもフレンドリーで感じがいいので、いてくださっていると気分は良いですが、なにかプラスαの価値がそこで出せないと、未来には無人のキオスク化していくのでは、と感じています。

これはキオスクだけに限った話ではありません。特に、人が面倒だな、とか、つらいな、と思うような職はどんどん人は機械に任せようとしていくはずなので、将来は、多くの職業がロボットやAIによって代替されていくようになるでしょう。

そうなったとき、有利なのが「キャラクターがたっている」=あなたしかいないと思われる人なのです。

あなたのキャラクターがたっていれば、あなただから、仕事が来ます。あなたの代わりは機械にはできません。これからの時代、生き残っていくためにもキャラクター作りは必須なのです。

もし気になった方は大内さんの本を読まれたり、講演など聞かれてみるとよいですよ!

「キャラがすべて!」大内優(きずな出版)


大内さん、物販をやられていたこともあるのですよ!

それでは、いつもありがとうございます&感謝です。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

■大上達生によるセミナー営業代行サービス「ストレングス」
↓↓詳細はこちらから↓↓
セミナー営業代行サービス ストレングス

■情熱起業家対談「たっちゃんねる」
↓↓視聴はこちらから↓↓
たっちゃんねる

著者について

関連記事

レスポンス

  1. ラッタ 2018年9月18日 返信

コメントを残す